マグネット印刷の活用法をご紹介!

マグネット印刷は郵便受けに入れられるサイズが活用しやすい

マグネット印刷は郵便受けに入れられるサイズが活用しやすい 冷蔵庫やホワイトボードなどに貼り付けられるのがマグネット印刷の特徴であり、多くの方が自然と家で使っています。
販促物やノベルティグッズなどによく用いられており、印象付けやすいことも特徴です。
マグネット印刷には様々なサイズがありますが、その中でも重要なのが郵便受けに入るくらいのものを選ぶことであり、そこを意識しておくと安心して使ってもらえるようになります。
マグネット印刷を郵便受けに入るサイズにするメリットは、まず配布しやすいということです。
ノベルティグッズは無作為に配ることになりますが、郵便に入らなければ配りにくくなります。
また、あまりにも大きいと冷蔵庫に貼ったときに邪魔になる可能性があります。
活用する上でも小さいほうが使い勝手が良いといえるでしょう。
昨今では郵便ポストは一定の大きさがあるので、そこに入るサイズを用意することは難しくありません。
ネットでの印刷依頼が出来る点も非常にメリットといえるでしょう。

マグネット印刷の活用方法やサイズを理解しておこう

マグネット印刷の活用方法やサイズを理解しておこう 広告には様々な種類がある中で、近年注目を浴びているのがマグネット印刷になります。
マグネット印刷とは、印刷物の裏に磁石が付いており、冷蔵庫の表面の金属の部分などに貼り付けることができる点が大きな魅力です。
マグネット印刷の活用方法として成功した事例の1つは、水道修理の業者になります。
ある水道修理の業者は、従来チラシなどを配布して顧客を確保していましたが、ある時くらマグネット印刷を採用してそれをポストに入れておくことで、売り上げを大きく伸ばしました。
冷蔵庫などに貼っておけば、水漏れが発生した場合は詰まりが発生した場合顧客がすぐにそのマグネットの広告を思い出しそこに電話をする仕組みです。
このときのサイズは、基本的に名刺サイズで充分でしょう。
あまり大きなものだと、顧客も冷蔵庫などに貼ってくれない可能性があるからです。
ですが名刺程度の大きさならば、手軽に貼ることができるだけでなく余計な面積を取らないためいつまでも貼り続けてくれる可能性があります。